いい事書かれていたので転載。

http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/5507432.html

様々な利権やスポンサーに配慮すれば、報道できないことは多くなるよなあ。

thumb5

*知っておくべき大衆心理
支配者やマスメディア、広告代理店などは
以下のような「大多数の人々が共有する性質」を利用し
間接的に世論を操作している

1.有名人につられる
2.できないことをしたいと思う、夢がある
3.多数派にいたいと思う
4.真実を求める
5.権威が好き
6.自分が他人からどう見られるかを気にする
7.心配性 (不安症)
8.ステータスに憧れる
9.リスクがないと思うと飛びつく
10.数ヶ月経てば大概の事件は忘れる

(例)
・ある商品を買わせたい(思い通りに行動させたい)
→買わせたい人々の好きな有名人に商品を紹介させる(1)
→「あなたの願望、叶えます」と成功願望に付け入る(2)
→「今大人気!」「全米が泣いた」などと同調を誘い宣伝する(3)
→「真実を知らないままでいいんですか?」と問いかける(4)
→「日本○○協会」などと格調高い名義で宣伝する(5)
→「買わない人はこう思われますよ」と不安を煽る(6)
→「早い内から勉強させないと将来大変なことになる」と子を思う気持ちに付け入る(7)
→「これさえ持てばあなたもセレブの仲間入り」などとステータスの欲を刺激する(8)
→「無料です」と宣伝する(9)
・とある有名人が事件後、ほとぼりが冷めるまで静かに待ち、いつの間にかお茶の間に復帰している(10)
※勿論、全てが悪意のあるものとは限らない(善意、悪意って何だろうな)

よく見かけるインチキ・誇大広告商品の数々

マイナスイオン : 根拠の「レナード効果」は100年前の仮説で、科学的実証研究ゼロ

カテキン : 緑茶1日5杯飲んでも胃がんのリスクは上昇も低下もしない

コラーゲン : 分子が巨大で皮膚には浸透しない&飲めばただのアミノ酸として分解吸収

コエンザイムQ10 : アンチエイジング効果にも疑問/過剰摂取は酸化促進で動脈硬化も

にがり : 主成分の塩化マグネシウムが下痢を引き起し、強制排出で体重減少→ダイエット効果?

ミネラルウォーター : 水道水より砒素の基準が5倍も緩い・ハイリスクハイリターンの嗜好品

海洋深層水 : 逆浸透膜法で淡水化すると東京湾の表層水でも同質に(もともとケイ素しか違わない)

クロレラ : 免疫力アップのためには1日1000錠(体重50kg当たり200g)が必要

イチョウ葉エキス : プラシーボ効果のみ/皮膚炎&アレルギー誘発成分「ギンコール酸」含有

キチン・キトサン : 「食物繊維としての整腸作用」以外の全ての効果が未確認

リノール酸 : 過剰摂取すると生活習慣病・各種ガン・アトピー・血栓・狭心症・喘息なども誘発

核酸(DNA・RNA) : 若返り、ダイエット効果に根拠なし/プリン体のとり過ぎで通風・高尿酸血症も

キシリトール : 虫歯菌に利用されにくい糖アルコールだが、虫歯を防げるわけではなく過信は禁物

エストロゲン : 効果以前に国内販売10銘柄中含有率ゼロ/天然ざくろ内でも「検出限界以下」

大豆イソフラボン : 厚生労働省も過剰摂取に警鐘/妊婦や乳幼児の追加摂取に注意促す

ポリフェノール : じゃがいも、玉ねぎも赤ワインと同程度含有/体内での抗酸化効果はまだ研究中

痩身茶 : 中国産で致死事件まで発生/利尿効果・下剤効果成分で体重減少ダイエット

ベータ・カロテン : 90年代の大規模研究から肺ガン発生率上昇・短命化などの報告あり

【飲食物、薬剤、日用品、排気ガス】アナタの身近にある!?危険な添加物まとめ

●フッ素(添加物):知能低下、骨肉種、関節炎、腰椎骨折、甲状腺機能低下などを引き起こす

●トランス脂肪酸(食用油):発癌性、痴呆症、アトピーや花粉症などのアレルギー症状を(ry

●アスパルテーム(人工甘味料):鬱、頭痛、失明、脳腫瘍、知能低下、記憶力低下など(ry

●ソルビン酸(保存料):細胞の突然変異促進、発癌性、生殖能力減退、胎児の奇形化など(ry

●ダイオキシン:発癌性、生殖能力減退、胎児の奇形化、免疫力低下など(ry

●環境ホルモン:生殖能力減退、不妊症、子宮内膜症、乳癌、アレルギー、発達障害など(ry