百貨店事業は収益改善、売上改善を進め、付加価値が高い魅力的な売り場を提供する。
スーパーマーケットは、経費改善と効率化を進め、利益改善に挑む。
通販は、考え方やスキームを根本的に改善する。

このようなオオナタを振るう改革ができるかどうかだなあ。

http://biz-journal.jp/2016/07/post_16010.html